パンデミックを乗り越えよう【習慣チャレンジ7個リスト】

パンデミック

#StayHome パンデミック(世界的流行病)を乗り越えよう【習慣チャレンジ7個のリスト】

スポンサーリンク

 

 

皆さん、こんにちは!

Sapporino Keigoです!


現在、コロナウイルスによる危機によって、世界中が経済的、健康的に大打撃を受けています。僕が住んでいるスペイン(当時令和2年4月9日)では、感染者が15万人、死者が1万5千人、回復者が5万人となっています。


日本と比べるとかなり数字が違い、スペイン全体人口が4700万人からするとかなり悲惨な状態になっています。こんな時だからこそ、1日でも早くこの危機を脱する為に、皆さんへ僕が試している習慣を共有したいと思います。


また、ブログのみでなくYouTubeでも詳しく解説したので、耳で聴きたい場合は是非そっちのメディアも利用してみて下さい。Youtubeの方は内容量が多い為、前半と後半に分かれています。


それでは、是非ご覧あれ!(目次欄から飛んでもらうと明るい水色の目次へ飛べます。また、その目次をタップして頂くと解説動画の再生時間へジャンプが出来ます。)


前半:パンデミック(世界的流行病)を乗り越えよう【習慣チャレンジ7個のリスト】



後半: パンデミック(世界的流行病)を乗り越えよう【習慣チャレンジ7個のリスト】









タバコを控える

 

厚生省(R)やWHO(世界保健機関)(R)がコロナウイルスが喫煙者の重症化に影響をすると発表しました。やはり、コロナウイルスは肺炎の一種なので、喫煙はワクチンが発表され摂取を完了されるまでは控える事を推奨します。






自宅で運動

 

定期的に運動をする事は免疫力を高め、病気による死亡率を低下させてくれます。(R)
WHOより、基本的に成人は中程度の運動を週に150分、または強度の運動を75分する様に勧められています。週に300分運動が出来ればより良い健康体に慣れると公表されています。(R)


たった4分、HIIT(High Interval Intensity Training)(R)で自転車30分の効果があると言う動画を投稿したので、良かったら参考にして下さい。スペイン語ですが、動きをまとめ動画を観れば簡単に理解できます。


↑全体解説動画(動きを説明している時間へスキップします。)



↑まとめ動画






栄養をしっかり摂る

 

ISIN(免疫と栄養を研究する国際団体)が発表した記事になります。(R)
コロナウイルスに対する免疫力を上げる為、以下の栄養を摂るように推奨されています。


僕が栄養学を学び始めた時に使っていた図式で栄養学が見れる本や、マンガで楽しみながら栄養学を学べる本など、面白く栄養に関する知識を学べる本があるので、興味があれば是非ご覧になって下さい!(記事の一番下に詳しい情報と画像を貼り付けています。)






・ビタミンE:1日134 mg 〜 800 mg



強い抗酸化作用があり、血液をサラサラにしてくれたり、美肌や生理不順などの改善にも効果があります。カボチャや殻の付いたアーモンドにビタミンEが多く含まれます。





・亜鉛:1日30 mg 〜 220 mg



細胞の酸化を防いで免疫力の向上を促してくれます。また、女性ホルモンの分泌を活性化させる働きがあります。


不足すると味覚障害を引き起こし、最近のニュースで阪神の藤浪選手がコロナウイルスによって匂いや味覚を感じなくなったと報道されました。(R)
亜鉛は味覚を正常に保つ働きがあり、このウイルスに対しても効くことが証明されています。


牡蠣(カキ)や牛肉、納豆などに含まれています。ビタミンCを同時に摂取すると吸収率が増加されます。





・ビタミンC:1日200 mg 〜 2 g



コラーゲンを合成するのにビタミンCは大きな役割を果たしています。コラーゲンは細胞に強力なバリアを作り、ウイルスの侵入を防ぎます。また、シミの元になるメラニン色素の生成を抑えるので美肌を保つ為にも役立ちます。


赤ピーマンや柿に多く含まれ、この時期だとイチゴにも含まれています。水溶性なので水を使った調理は避けてください。炒めた料理や生で洗って食べるなどして下さい。





・ビタミンD :1日10 μg 〜 100 μg



ビタミンDは太陽と栄養から摂取が出来ます。コロナ期間で無ければ、普通の生活をしていると不足する事はそれ程ありませんが、自宅にいる時間が多いこの期間は不足しがちです。


骨の成長を上げるなど、子供や老人の栄養に欠かせません。発がん抑制や免疫調整などにも機能する為、一般の大人に対しても大事な要素になります。


鮭やしらす干しなどの小魚に栄養が含まれているので積極的に食べてください。






緊急で無い人との接触を避ける

 

人が少ないから外食をしたい、まだイベントやっている所があるから参加したい、旅行しに行きたいなど、この期間であるからこそ欲が上がるかもしれません。ですがこの期間は接客業をしている私達だからこそ、出来る限り人との接触を避けてワクチンが開発されるまで待つ事をお勧めします。






WHOと厚労省の記事を読む

 

英語がある程度理解出来る、またはこの機会に勉強をしてみたい方はWHOを利用して情報を取り入れて欲しいです。厚生労働省も日本語で定期的に情報を配信しているので、そこからは必ず最新情報を取り入れて下さい。


アメリカのJohns Hopkins大学(医学部を有するアメリカ最難関私立大学)が、毎日世界のコロナウイルスの統計を更新しているので、そのページも良かったら利用してみて下さい。(R)


対策に聞かないデマが沢山流れているので、一人一人考えを持って実行する材料にもなります。






目、鼻、口に触らない

 

ユニセフ(国際連合児童基金)(R)より、粘膜を通してコロナウイルが感染と言われています。それらに触らない事は当たり前だと思っている人達が大半でしょうが、意外と無意識に癖として触っています。意識をする事を心掛けたら、触る回数を減らす、またはゼロにする事が可能です。






石鹸で20秒手を洗う

 

ユニセフ(R)より、最低でも20秒は手を洗うように推奨されています。何かに触ったら手を必ず洗う様な意識と習慣付けが大事です。英語ですが、VOXと言うアメリカ・ニュースサイトが日本人が見ても分かり易い手洗いに関する動画を配信しています。(以下)、





参照はオーストラリア・ニューサウスウェールズ大学です。世界的に認められている大学なので信憑性は高いと思います。僕もこの動画を見て必ず最低でも20秒以上、手を洗う様になりました。






まとめ



以上で7個のコロナ対策リストを解説しました。あくまでも、僕個人が文献を集めて考察した内容になります。皆さんには、この情報を一つの手段として役立てて頂ければ幸いです。


しっかりと対策をした上で、感染してしまうのは使用がありません。ただ、一つの怠慢、怠惰が感染を引き起こすこともあります。


大事な事は倫理観、道徳心をしっかりと持った上で、このパンデミックを乗り越える様に努力をすべきだと思います。僕達でこの危機を1日でも早く乗り越えられる様に頑張りましょう!


動画の方でも、この記事内容を解説しました。興味があれば是非ご覧になって下さい!


前半:パンデミック(世界的流行病)を乗り越えよう【習慣チャレンジ7個のリスト】



後半: パンデミック(世界的流行病)を乗り越えよう【習慣チャレンジ7個のリスト】






紹介した本:

決定版 栄養学の基本がまるごとわかる事典

マンガでわかる栄養学








シェアボタン

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-パンデミック
-, , , , , , , , , , ,

© 2020 Sapporino Keigo Powered by AFFINGER5