学生時代に勉強した英語が活きる?【スペイン語と英語の単語はOO%共通していた件】

スペイン語

学生時代に勉強した英語が活きる?【スペイン語と英語の単語はOO%共通していた件】

スポンサーリンク

¡Hola! こんにちは!

Sapporino Keigoです!


今回から僕なりの実験として、Youtube動画とブログを同時公開することにしました。

文字で見た方が楽って思う方達や動画で聴く方が良い、または両方を見比べたいなど色んな形があると思います。そこで情報を取り入れていく手段を増やす為に、今回のような方針を取りました。


僕をまだ知らない方は、動画ブログに既に載っけてあるので興味があればご覧になって下さい!

基本は撮影後にブログを編集するので、こっちの方が動画よりも内容が深くなります。


それでは、学生時代に勉強した英語が活きる?【スペイン語と英語の単語はOO%共通していた件】をお楽しみなって下さい。





スペイン語と英語の単語共通点は45%




僕がスペイン語関係の動画を投稿する時によく文献として参考にしている著者(ヘスス・マロト・ロペステジョ氏)によると、スペイン語と英語の単語共通点は45%もあるそうです。


沢山の単語がある中、皆さんが恐らく聞いたことがあるだろう英単語でスペイン語と共通している単語を紹介すると、(以下)


(西)= スペイン

(日)大学
(英)University 
(西)Universidad 

(日)困難
(英)Difficult 
(西)Dificultad 


ブログのみオリジナル、(以下)

(日)重要さ
(英)Important 
(西)Important

(日)携帯
(英)Mobile
(西)Móvil 

(日)駅
(英)Station 
(西)Estación 

(日)伝達・コミュニケーション
(英)Communication 
(西)Comunicación 


どうでしょうか!?
少し英単語のスペルを変化させるだけで、スペイン語の単語になるんです!この様にスペイン語辞書を開くと約半分の単語が似ています。



既に義務教育を受けた僕たちはスペイン語の知識がゼロではないんです!(これから受ける、または受けている方達はすみません。。)





定冠詞の使い方は英語と同じ




ヨーロッパの言語には共通点があり、単語の読み方は違ど文法の機能が似ていたり同じだったりします。


定冠詞を例えると、(以下の下線をチェックして下さい)

あるリンゴを買いました。そのリンゴはとても美味しかったです。
I bought an apple. The apple was very delicious.
Compré una manzana. La manzana estaba muy deliciosa. 



まだ分からないリンゴには、不定冠詞の(英)An(西)Una であり、分かった状態のリンゴに定冠詞の(英)The (西)La と示します。

ここでは機能の確認だけして欲しかったので、深く考えてもらう必要はありません。



スペイン語は不定冠詞は名詞によって「Un」、または「Una」に分かれます。定冠詞は「El」、または「La」に分かれます。他のラテン語派生の言語にも共通しますが、結構シンプルなもんです!

次のトピックで、もう少し掘り下げて理解できると思います。





スペイン語は名詞に性別がある




ラテン語派生の単語には基本1つ1つに性別が付いています。以前の動画でざっくりと紹介しましたが、スペイン語を初め、フランス語、イタリア語、ポルトガル語、ルーマニア語などラテン語を起源とした言語にはその様な機能があります。


また、小ネタですが、ラテン語の影響によって中世英語やドイツ語に1つ1つの単語にその要素が加わりました。実は昔の英語はスペイン語と同じ様に1つ1つの単語に性別がありましたが、現代英語は簡略化されて性別がなくなりました。


なんか勿体なさを僕は感じます。。


話題に戻りますが、日本人の方達であれば大半知っているだろうピコ太郎(PPAP)で例えると、

ペンとリンゴはちょうど女性名詞と男性名詞に分かれています。


ペン
A pen/ The pen
Un bolígrafo/ El bolígrafo

林檎(リンゴ)
An apple/ The apple
Una manzana/ La manzana



イメージしやすくすると、刺す側のペンが男性名詞の役割をして、挿入される側の林檎が女性名詞の役割を果たします。そしてアップルペンが誕生します!(意味深注意)


冗談はさておき(笑)



1つ1つの名詞に性があって、その性によって不定冠詞と定冠詞が変化します。「もう少し知りたいなぁ。」と思われる方達もいるかもしれませんが、近いうちに名詞に関してもう少し深く入り込んだ動画を上げるので安心して下さい!





まとめ




英語とスペイン語の共通点や違う点を広く浅く紹介しました。「全くゼロから始めるより、経験と組み合わせてもらえればなぁ。」と、僕の期待から聞く事ができる動画と読む事ができるブログを同時に載っけました。

こんな感じに動画を撮った後に記事を書いたので、プラスαバリエーションを含めて皆さんに伝えました。


耳でザックリ聞きたいなぁ、記事を見て動画が気になった方は是非ご覧になって下さい!


動画版:学生時代に勉強した英語が活きる?【スペイン語と英語の単語はOO%共通していた件】




参考文献

参考文献「ゼロからスタートスペイン語 文法編:ヘスス-マロト-ロペステジョ

シェアボタン

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-スペイン語
-, , , , , , ,

© 2020 Sapporino Keigo Powered by AFFINGER5