https://www.shutterstock.com/ja/image-photo/close-christopher-columbus-monument-barcelona-spain-1449280619?src=library

カタルーニャ

あの大航海時代で有名なコロンブスって実はカタルーニャ人だった?【カタルーニャの歴史・背景】

スポンサーリンク

 




¡Hola! こんにちは!

Sapporino Keigo です!




前回の記事ではカタルーニャとその規模について、約6万km2という関東面積の二倍程でカタルーニャ語として扱われ、1000万人以上(東京人口と同じくらい)の人ががこの言語を使っているんだよ〜と解説しました。



今回は、引き続き考察と共にカタルーニャ語の歴史と小ネタを広めていきたいと思います。







イベリア人・ローマ人とワインの逸話

元々カタルーニャの起源となったスペイン北東部はイベリア人が住んでいました。彼らはヨーロッパ系の人種ではなく、アラブ系の人種であったそうです。スペインとポルトガルがある半島をイベリア半島と言いますが、イベリア人が由来なんだなって読み取れます。



ローマ人が、天気が良く日光浴が出来るところを探していたときに見つかったのがこの半島です。世界中の人達が愛飲しているワインの発祥地はイベリア半島であり、イベリア人が発明したそうです。



元々、イベリア半島北東部から東部の海岸にかけて岩が多く、岩の上から葡萄(ぶどう)をすり潰して発酵させたのがワインの始まりだとか。それを偶然日光浴のベストスポットを探していたローマ人がワインを発見した事で世界中にワインが広まったと言う話があります。



領土を占領し支配するのは悲しい話ですが、ローマ人との接触が無ければ現在のワインは存在していなかったかもしれませんね。






カタルーニャ語の起源

紀元3世紀にローマ人がイベリア半島を統一した後、ラテン語が使われていました。当時テレビやインターネット、情報発信の無い環境では時代と共に言語が変化していきます。そして言語学者達によると8世紀と9世紀の間にはカタルーニャ語が話されるようになっていたそうです。



しかし面白い事に8世紀から12世紀までの400年間は、カタルーニャ語の文字が使われていませんでした。僕の考察になりますが、口語はカタルーニャ語、文語はラテン語を使用していたのではないかと思います。




または教育環境が整っていなくて上流貴族やお金持ちの家庭以外では、読み書きがされていなかったのではないのかと。






中世から近代のカタルーニャ

13世紀からカタルーニャ語の文字が使われるようになり、14世紀から15世紀にかけてマジョルカ、バレンシア、サルデーニャ、シチリア、ナポリ、ギリシャまで絶え間なく拡大しました。一時期はヨーロッパ地中海の国や地域へ影響を及ぼしていたと考えてみるとカタルーニャって興味深いです。



この時代は大航海時代と重なっていて、アメリカ大陸をヨーロッパ人として初めて発見したコロンブスがイタリア人またはカタルーニャ人だと現在に至るまで議論に挙げられています。因みにバルセロナ市内の中心部にコロンブスの塔があるので、個人的に当時はカタルーニャ領土であり、現在のイタリア領土に住んでいたカタルーニャ人だと思います。




16世紀からカスティージャ王国(現在スペイン)の影響でカタルーニャ語は衰退しましたが言語は消滅せず、19世紀にはカタルーニャ人による祖国と文化の復興の活動が盛んになりました。20世紀の初めに、教授と言語学者であるポンペウファブラが現代カタルーニャ語を形成して、今日も使われてる言語になっていると言われています。




日本でも鎖国が終わる時期までは、テレビやインターネットが無かった為、全国中の言葉がバラバラであったと言われています。そこで大日本帝国の政府は、言語統一化をする様に江戸の旗本や御家人などの知識階級の間で用いられていた山手ことばを教育として広められたと言われています。




要するにポンペウファブラが形成した現代カタルーニャ語は、日本で言う山手ことばの様になりますね。







まとめ・日本と比較

カタルーニャ語は元々ラテン語の派生であり、大航海時代あたりにカタルーニャ王国として地中海へ影響を及ぼしました。カスティージャ王国による影響で衰退したものも、カタルーニャ人の努力により言語と文化が失われずに現在で使われています。



単一民族国家の僕達からしたら、興味深い記事だったかもしれません。ですが単一民族といえども、北海道のアイヌ人や沖縄の琉球人は一体何なのでしょうか?また、彼らの主体性(アイデンティティ)はどうなんでしょうか?



アイヌ人が元々住んでいた北海道出身である僕がカタルーニャの歴史を勉強してみて、アイヌに対する関心の薄さやアイデンティティを守ろうとする意識の低さについて哀れに感じました。



先祖にアイヌ人はいませんが、将来的にはアイヌ文化の復興に北海道人として役に立ちたいと思っています。



次回は現代カタルーニャについて解説していきます。それではお楽しみに!






参考文献:
Catalán para dummies
Instituto de Estadística de Cataluña (2012)


By Luis_Martinez

画像出典: Close up of Christopher Columbus Monument in Barcelona (Spain) with blue sky. Negative space /room for text

シェアボタン

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-カタルーニャ
-, , , ,

© 2020 Sapporino Keigo Powered by AFFINGER5